【スポンサードリンク】

■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

« 劇場版 水滸伝(中国) | メイン | 親密さ(日本) »

2013年08月26日

三姉妹 雲南の子(香港)

びゅうびゅうと風が鳴る。
標高3,200メートルの雲南地方の村に、3人だけで暮らす幼い姉妹がいた。
長女、英英(=インイン)10歳。
次女、珍珍(=チェンチェン)6歳。
三女、粉粉(=フェンフェン)4歳。
幼い三姉妹は、3人だけで簡素な家に暮らしている。
母はだいぶ前に家を出て、父は町に出稼ぎに行っているからだ。
近くに伯母さん家族やおじいさんがいるので、時々、仕事を手伝う代わりに食事を分けてもらい、長女のインインが妹たちの面倒を見て、家畜の世話や畑仕事をしながら暮らしている。
お腹が空いたらジャガイモを食べる。
チェンチェンの長靴は穴が開き、足が濡れて縮こまる。
せっせとシラミ退治をする。
ある日、父親が町から戻ってくると3人に笑顔が広がる。
父さんが町に行ってから何年も体を洗ってないんだよ、とフェンフェンは無邪気に自慢。
娘たちのために嫁さんを貰わなくてはと相談する、おじいさんと父親。
父親は子どもたちを町に連れて行くことにするが、経済的な問題からインインだけ村に残す。
町では子ども3人分の食費はとても稼げないからだ。
チェンチェンとフェンフェンは父に連れられ、バスで町へ向かった。
新しい靴を買ってもらって1人残ったインインは、近所に住む友だちの永高(=ヨンガオ)と馬糞拾い。
おじいさんはインインに“娘は勉強よりも家の仕事が大事だ”と話す。
大伯父さんの家で開かれた収穫を祝う宴では、ブタを1頭つぶして豪勢なごちそう。
やがて、町の出稼ぎに見切りをつけた父親が、妹2人に加え、子守りの女性とその娘を連れて戻ってくる。
一家は大人2人、子ども4人の大家族になった。
子守りの女性は、いたずらっ子のチェンチェンに邪険な態度。
父が畑仕事に行くと、女性と子どもは川で洗濯。
“世界で一番ステキなのは、私のママ……。
”繰り返し歌うチェンチェン。
びゅうびゅうと風が鳴る。
風に吹き飛ばされないよう、姉妹3人は地面を踏みしめて歩く。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/23082