【スポンサードリンク】

■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

« バレット(アメリカ) | メイン | ローズマリーの赤ちゃん(アメリカ) »

2013年08月28日

パパの木(フランス)

オーストラリアの大自然の中、庭に大きなイチジクの木が立つ家で、ドーン(シャルロット・ゲンズブール)とピーターと4人の子どもたちが幸せに暮らしていた。
ある日、ジョージ(マートン・ソーカス)は長期の仕事からの帰りに心臓発作で急死し、運転していた車は庭の大木にぶつかって止まった。
夫を失ったドーンは、ショックで日常生活もままならない。
高校生の長男は、父の役目を果たそうとアルバイトを始め、8歳の娘シモーン(モルガナ・デイビス)は死の意味を理解できず、パパが庭の木にいると思いおしゃべりを始める。
シモーンはなかなか立ち直れない母親を元気づけようと、木にパパがいるという秘密を教えてあげる。
初めは真に受けないドーンだったが、木に導かれるように話しかけると、次第に心の落ち着きを取り戻していく。
ようやく動き出したドーンは、今まで働いたこともなかったのに、自分で働き口を見つけてくる。
さらに、その雇い主の男性と親密になり、明るさを取り戻していく。
その一方で、庭の木が急に成長し出したかのように、家を包み込むほどに根や枝を張り巡らす。
そして太い枝が折れて、ドーンの寝室を壊してしまう。
それはもはや木ではなく、夫の執念とも取れた。
まだ父親の死を理解できないシモーンは、ドーンが雇い主と仲良くするのが気に入らず、木の上で生活を始める。
それぞれが少しずつ動き出した家族たちに、父親の死の1年後、事件が起こる……。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/23192