【スポンサードリンク】

■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

« 共謀者(韓国) | メイン | そしてAKIKOは… AKIKO あるダンサーの肖像(日本) »

2013年08月29日

殺人の告白(韓国)

世間を騒がした連続殺人事件から15年後、イ・ドゥソク(パク・シフ)という男が自ら犯人だと名乗り出る。
しかし時効成立のため法的に無罪となり、彼は自分の犯した殺人事件について詳細に記した本を出版する。
その衝撃的な内容と俳優のように美しいルックスが相まって、一躍人気者となったイ・ドゥソク。
だが犯人を探し続けてきた刑事や、恨みを抱く遺族たちが黙って見ているはずもなかった。
本の中に最後の未解決失踪事件の真相が書かれていないことに気付いた刑事チェ・ヒョング(チョン・ジェヨン)は、ドゥソクに向かって「詐欺罪で逮捕されるだろう」と言い放つ。
そんな中、自分こそが真犯人だと主張するJと名乗る男が現れる……。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/23331