【スポンサードリンク】

■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

« 嘆きのピエタ(韓国) | メイン | BANK(日本) »

2013年09月12日

二流小説家 シリアリスト(日本)

赤羽一兵(上川隆也)は売れない小説家。
ある日、彼のもとに連続殺人犯で死刑囚の呉井大悟(武田真治)から“告白本を書いて欲しい”という執筆依頼が舞い込む。
告白本を書けば一流の小説家になれるかもしれない……。
そんな欲望に駆られた赤羽は、呉井に面会を申し込む。
しかし、告白本の出版には条件があった。
それは呉井を主人公にした小説を書くこと。
渋々、承諾した赤羽は、小説を執筆するために3人の女性に対して取材を始めるが、その先々で殺人事件が発生。
しかも、その手口は12年前に呉井が犯した事件と全く同じものだった。
刑務所にいる呉井に今回の事件の犯行は不可能。
ということは、呉井以外の何者かの犯行なのか……?深まる謎。
果たして、その果てに待つ驚くべき結末とは……?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/23946