【スポンサードリンク】

■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

« さよなら渓谷(日本) | メイン | WE BEAST ZEPP TOUR 2012(日本) »

2013年09月23日

アイアム ブルース・リー(カナダ)

1973年にこの世を去ったカンフーアクションスター、ブルース・リー。
そんな彼に多大な影響を受けたというNBAのスーパースター、コービー・ブライアントや俳優のミッキー・ロークなど、各界の著名人にインタビューを試みる中、麻薬説、暗殺説も飛び交った不可解な死の真相について家族や友人、知人たちが重い口を開く。
また詠春拳や空手、柔道、ボクシング、レスリングなど多彩なジャンルを取り入れて独自の格闘技“ジークンドー”を創造した過程が、ブルース・リー本人の証言と共に明らかになっていく。
関係者への取材の中から、今の総合格闘技の生みの親がブルース・リーであり、彼の目指したマーシャル・アーツは自己表現そのものであったという独自の美学を浮き彫りにする。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/24152