【スポンサードリンク】

■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

« ローマでアモーレ(アメリカ) | メイン | フッテージ(アメリカ) »

2013年09月04日

ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ(アメリカ)

20世紀のデザインについて語る上で欠かすことのできないチャールズとレイのイームズ夫妻。
イームズ・チェアに代表される家具やおもちゃ、建築、映画など二人が手がけるジャンルは多岐に渡り、1940〜1960年代に興隆したミッドセンチュリー・モダンというデザインのムーブメントを牽引した。
また、二人のプロダクションは現在も愛され、世界中に影響を与え続けている。
二人が出会ったとき、チャールズは建築家で、レイは画家を目指していた。
当時チャールズは既婚者だったものの、二人の感性は共鳴し恋に落ち、結婚。
イームズ・オフィスを立ち上げた。
第二次世界大戦や冷戦、急速な近代化といった激動の時代に活躍した二人。
代表作となるイームズ・チェアは当時としては珍しい材質を使い、遊び心とおもてなしの思いがこめられ、使う者に温もりを感じさせる。
しかし生前、二人のプライベートな面はほぼ明かされなかった。
二人の遺した手紙や写真、映像、作品や、孫でイームズ・オフィス代表を務めるイームズ・デミトリオスら家族や関係者らのインタビューを交え、チャールズとレイの人物像に迫る。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/23614