« 2013年11月 | メイン | 2014年03月 »

2014年02月04日

アオギリにたくして(日本)

福島県を取材していた雑誌記者の片桐千草(菅井玲)は、アオギリを植樹する中年の女性たちと出会う。
聞けば、広島で学校に通っていた頃、自分たちの先生だった田中節子さんが亡くなったのだという。
次第に節子に興味を持ち始め、広島へ向かう千草。
彼女が知る節子の人生とは……。
1945年8月6日。
3日後に結婚式を控えていた21才の節子(塩出純子)は、広島に投下された原爆により被爆。
麻酔薬もないままノコギリで片足を切断され、3日後には婚約者の戦死を知らされる。
自暴自棄になり、自殺することばかり考えていたある日、幹の真ん中が抉れて片側が焼け焦げたアオギリの小枝に生えた小さな芽を発見。
それを目にした節子は、“どんなことがあっても生きていこう”と決意。
原爆の後遺症と闘いながら、家庭科の教師として28年間の教員生活を過ごすが、2度と思い出したくない過去を語ることはなかった。
そんな節子が被爆体験を語り始めたのは、アメリカ軍が撮影した被爆直後の映像に、負傷した自分の姿を見つけたことがきっかけだった。
1980年代に起きた10フィート映画運動によって制作された原爆記録映画「にんげんをかえせ」に映し出された節子の姿は、世界中に衝撃を与えた。
この映画をきっかけに、節子(原日出子)は平和公園のアオギリの木の下で、広島を訪れる修学旅行生に被爆体験を語り始める。
世界のすべての人たちが平和で幸せに安心して暮らせるようにと願いながら、アメリカ、ヨーロッパ、ソ連(当時)、マレーシア、シンガポール、ベラウ、フィリピン、ベトナム、アウシュビッツ、中国、韓国、パナマを訪れる。
被爆体験について証言し、自分の分身でもある被爆したアオギリの種や苗に、平和への願いやいのちを大切にする心を託して、全国の学校、そして世界に広める活動を進めて行くのだった。

アイアン・フィスト(アメリカ)

19世紀の中国。
武装集団同士の争いが続く叢林村で暮らす黒人の鍛冶屋(RZA)は、敵対する猛獅会と群狼団から特注の武器の注文を受ける。
女主人マダム・ブロッサム(ルーシー・リュー)が仕切る娼館・粉花楼で働くレディー・シルク(ジェイミー・チャン)と愛し合う彼には、身請けの費用を稼ぎたいという事情があった。
猛獅会の銀獅子(バイロン・マン)と銅獅子(カン・リー)は、総督から輸送を依頼された金塊の強奪を企み、首領の金獅子を殺害。
金塊輸送の噂が広まった叢林村には、多くのよそ者が流れ込む。
その中には、白人ジャック・ナイフ(ラッセル・クロウ)の姿もあった。
群狼団を殲滅した銀獅子はさらに、叢林村への帰途にあった金獅子の息子ゼン・イー(リック・ユーン)に暗殺部隊を差し向ける。
全身に武器を仕込んだ“X刀”でこれを退けるゼン・イー。
ところが、叢林村に到着後、全身を真鍮に変化させる特殊能力を持つ殺し屋・金剛(デヴィッド・バウティスタ)の襲撃を受け、瀕死の状態に。
その危機を救ったのは鍛冶屋だった。
金塊の輸送隊を襲撃した銀獅子と銅獅子は、護衛していた剣技の達人・双飛夫妻を毒剣鬼(ダニエル・ウー)の吹き矢で殺害。
金塊を手にした銀獅子たちは、総督配下の胡狼軍迎撃に備える。
一方、回復したゼン・イーは、鍛冶屋に新しいX刀を注文。
ところが、ゼン・イーの行方を追う金剛に拉致された鍛冶屋は、両腕を切断されてしまう。
窮地を救ってくれたジャックに、鍛冶屋は流浪の半生を語り始める。
誤って白人を殺して逃亡したものの、乗った船が沈没。
漂流の末、中国で僧侶たちに救われ、精神と武術の修行を積んだのだという。
ジャックの手を借りて“鉄の拳”を作り上げた鍛冶屋は、封印していたカンフーを解放し、“アイアン・フィスト”として生まれ変わる。
協力を誓ったゼン・イー、ジャック、アイアン・フィストの3人は、銀獅子、金剛たちが待つ粉花楼へ向かう……。

映画 謎解きはディナーのあとで(日本)

世界屈指の企業グループ総帥の令嬢でありながら新米刑事として警視庁国立署に勤める宝生麗子(北川景子)。
休暇を利用して、宝生家所有の豪華客船プリンセス・レイコ号に執事の影山(櫻井翔)とともに乗り、シンガポールへ向かう。
しかし船内には、有名芸術家の作品の警護にあたる、麗子の上司・風祭京一郎警部(椎名桔平)の姿もあった。
出航後ほどなくして、船内で殺人事件が起こる。
乗員乗客合わせて3000人が乗るプリンセス・レイコ号がシンガポールに到着するまでの5日間にさらなる被害を出さないためにも真相を解明しようとする麗子と影山だが、彼らも事件に巻き込まれてしまう……。

ダイヤモンド(日本)

昔気質で地域からも頼りにされてきた北野組は、元プロ野球選手の若頭・西田を中心に野球経験者が多く、草野球チームは地元の人気者だった。
しかし、時代の流れには逆らえず、グラウンドを借りようとしても断られることが多くなっていく。
町は再開発の波にのまれて人が次々と去っていき、ある時、最後まで再開発に抵抗していた商店街の会長が謎の死を遂げる。
疑問を抱いた北野組は独自に調査を開始するが……。

劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック(日本)

太古の昔、外宇宙から暗黒種“デーボス”が飛来した。
宇宙の賢神トリン(森川智之)によって機械の体を与えられ獣電竜となった恐竜たちが、デーボスと戦い、撃退する。
年月が過ぎ、デーボスの部下たちが主君を復活させるために暗躍を始める。
その野望を打ち砕くため、トリンは獣電竜と心を通わすことができる人間、桐生ダイゴ(竜星涼)たちを探し出し、“強き竜の者”ことキョウリュウジャーが誕生した。
彼らは地球を守るため、次々と襲い来るデーボモンスターたちと激闘を繰り広げている。
ある日、スーパーアイドル・Meekoこと天野美琴(中村静香)のコンサート会場にゾーリ魔たちが現れ、キョウリュウジャーが駆けつける。
ダイゴと美琴は、かつてフランスで出会っていたことに気づく。
ダイゴたちは敵を退けるが、再会を喜ぶ間もなく、太古の戦騎デスリュウジャー=通称“D”(宮野真守)が出現し、美琴を連れ去ってしまう。
Dの目的は獣電竜0号・トバスピノを手に入れることで、美琴の歌に秘められた謎が獣電竜復活のカギだった……。

ローン・レンジャー(アメリカ)

少年時代のある忌まわしい事件のせいで復讐に燃える戦士となった悪霊ハンター、トント(ジョニー・デップ)は、その悲願のために、不思議な白馬シルバーの導きと自らの聖なる力によって、瀕死の状態にあった検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)を甦らせる。
レンジャー部隊の英雄である兄ダンを何者かに殺された過去があるジョンは、兄の敵を探すためにトントと手を組む。
しかし、法に基づく正義の執行を求めるジョンと、復讐のためなら手段を選ばないトントはまったく噛み合わない。
しかし、愛する者に再び魔の手が迫り、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として生きる覚悟を決めたジョンは、白馬シルバーを従え、無敵の相棒トントと共に巨悪に立ち向かう……。

NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!(日本)

関西屈指のお嬢様学校・なんば女学院の中で浮いた存在のお笑い部。
部員は山本彩、横山由依、山田菜々、小笠原茉由、小谷里歩のたった5人であるが、お笑いに対して並々ならぬ情熱を注ぎ漫才の練習に明け暮れている。
ある日、全国女子高生お笑い選手権、通称『JK-1』開催の知らせが彼女らの元に届く。
5人は優勝を目指すが、ちょうどその頃転校してきた渡辺美優紀がお笑い部に入部し、部内の関係性が変わってしまい、ついにはコンビの危機を迎える者も。
実は山本彩と渡辺美優紀には、因縁の過去があった。
部内が混乱する中、JK-1が刻一刻と近づいてくる……。

リトルウィング 3月の子供たち(日本)

震災後の福島から東京へ避難してきた母・美咲とその息子・大和。
まだ幼い大和は、強くなって母を守りたいという思いから、空手を習いたいと言い始める。
美咲もかつては空手を習っていたが、なぜか大和が空手を習うことを許さない。
そんな時、かつて美咲がともに切磋琢磨し、いまは空手の道場主をしている桐生と再会する。
桐生は大和の思いを知って空手を教えようとするが……。

ペーパーボーイ 真夏の引力(アメリカ)

1969年、フロリダ州モート郡の小さな町。
大学を中退し、父親(スコット・グレン)の会社で新聞配達をしているジャック・ジャンセン(ザック・エフロン)は、取りたててやりたいこともなく、鬱屈した日々を過ごしていた。
母親は幼い頃に家を出てしまい、父親の現在の恋人エレン(ニーラ・ゴードン)とはまったく馴染めない。
極度にオクテでガールフレンドもいないジャックが心を許せる話し相手は、黒人メイドのアニタ(メイシー・グレイ)だけだった。
そんなある日、大手新聞社マイアミ・タイムズに勤める兄ウォード(マシュー・マコノヒー)が、同僚の黒人記者ヤードリー(デヴィッド・オイェロウォ)を伴い、4年前にモート郡で起きたある殺人事件の死刑囚の冤罪疑惑を再調査するために帰省する。
人種差別主義者の保安官が刃物でめった刺しにされたこの事件は、ヒラリー・ヴァン・ウェッター(ジョン・キューザック)という貧しい白人男性が逮捕され、既に死刑判決が確定していたが、ウォードは裁判が極めて不公正な状況で行われたため冤罪の可能性があると睨んでいた。
運転手として彼らの取材を手伝うことになったジャックは、オフィス代わりのガレージに突然訪ねてきたシャーロット・ブレス(ニコール・キッドマン)に目を奪われる。
今回の取材の依頼主であるシャーロットは、獄中の死刑囚ヒラリーと手紙を交換しただけで意気投合、婚約まで交わした女性だった。
出会った瞬間に恋に落ちたジャックは、刑務所でのヒラリーとの面会に同行するが、ヒラリーは初めて対面した婚約者シャーロットへの欲望を剥き出しにする。
そんな中、ウォードは殺人事件当日の夜、ヒラリーが伯父のタイリー(ネッド・ベラミー)とともにゴルフ場に忍び込んで芝生を盗んだという話を聞き出す。
タイリーはヒラリーのアリバイをそっくり裏付ける証言をしたが、ウォードとジャックは彼らが口裏を合わせたのではないかと疑念を抱く。
やがて殺人事件の深い闇に分け入り、叶わぬ恋に身を焦がすジャックは、想像を絶する悪夢のような現実を目の当たりにすることになる……。

ニューヨーク、恋人たちの2日間(フランス)

シングルマザーのフランス人、マリオン(ジュリー・デルピー)は、同じく子持ちのアフリカ系アメリカ人、ミングス(クリス・ロック)と居心地のいいニューヨークのアパートで同棲中。
そんな幸せな生活に突然、危機が訪れる。
マリオンの父ジャノ(アルベール・デルピー)と妹、そしてなぜか妹と交際中のマリオンの元恋人が、フランスから遊びに来ることになったのだ。
陽気でマイペースな父、オープンすぎる性格の妹、妹の恋人として平然と家族旅行に参加する元恋人。
個性的過ぎる家族たちの理解不能な会話や行動にマリオンもお手上げ状態。
笑顔で頑張っていたミングスも限界に達し、事態は思わぬ方向へ転がって行く……。

スヌープ・ドッグ ロード・トゥ・ライオン(アメリカ)

1990年代初頭以降ヒップホップ界に君臨してきたスヌープ・ドッグが、40歳を迎え、レゲエミュージシャンへの転向を発表した。
音楽業界に激震を走らせた彼の決断の裏には、何があったのだろうか。
アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチ出身の彼は、母親に厳しく育てられた。
銃刀法違反や薬物使用の容疑での逮捕、学生時代から交際した妻、東海岸出身のラッパーのトゥーパック・シャクール襲撃殺害事件、同じ地元出身で一緒に『213』というヒップホップユニットを組んでいたネイト・ドッグの死、……。
スヌープ・ドッグは激動の人生を見つめ直すために、ジャマイカへと旅立つ。
大麻農場やボブ・マーリーが若かりし頃に暮らしていたトレンチタウン、チボリ・ガーデン、多くのレゲエミュージシャンを輩出した学校などを訪ね歩くうちに、ジャマイカに深く根ざすレゲエやラスタファリ文化に触れていく。
この旅は彼の未来を切り拓く手がかりを見つけ出す旅でもあった……。